カフェ・ソウル
カフェ・ソウル

作品紹介

ソウルの街角で、きっと見つかる想い出の味…。
韓国の人気アーティスト、John-Hoonと日本の若手実力派俳優、斎藤 工がW主演で爽やかな競演を見せる!


大ヒットを記録したドラマ「宮〜Love in Palace〜」で一躍人気俳優の仲間入りを果たし、アーティストとしても大活躍している「John-Hoon」。
そしてNHKドラマ「オトコマエ!」「ゲゲゲの女房」など数々のドラマや映画の主役を務め、若手実力派俳優として活躍する「斎藤 工」。
日韓を代表する若手俳優の2人が、国や言葉の壁を乗り越えて熱い男同士のドラマを繰り広げる!

脇を固めるのは「コーヒープリンス1号店」で注目され、韓国で公開された超大作映画「国家代表」の主演に抜擢されたキム・ドンウク、「白線流し」「ショムニ」等でお馴染みの京野ことみ、ほか韓国の若手俳優たちが多数出演!その確かな演技力で映画を盛り上げている。

なお、スペシャル版DVD-BOXには、メイキングや完成試写会の舞台挨拶など、お宝映像満載の特典ディスク付!さらに主演2人の特製マウスパッドを封入!
「カフェ・ソウル」をより一層楽しめる一品となっている。


あらすじ

韓国はソウル、その街角にひっそりと佇む伝統菓子店・牡丹堂。フード・ルポライターの井坂順(斎藤工)が偶然出会ったその店は、寡黙だが腕の良い職人・サンウ(チェ・ソンミン)が一人で切り盛りしていた。
サンウの人柄と牡丹堂の味に魅了された順はこの店で取材をすることを決めるが、牡丹堂は地元のヤクザから立ち退きを迫られており、そのいざこざからサンウが怪我をしてしまう。 そこに次男・サンヒョク(John-Hoon)が現れる。ミュージシャンを夢見ていたのだが、音楽への夢は破れていたのだった。初めは反発しあう順とサンヒョクだったが、しだいに不思議な友情が芽生えていく。しかし、ヤクザの刺客としてもうひとりの弟サンジン(キム・ドンウク)が現れたことにより牡丹堂は窮地に陥る。
牡丹堂の運命は?バラバラになってしまった家族の絆の行方は?それはサンヒョクの作る想い出の味がカギを握っていたのだった…。


  • 場面1
  • 場面2
  • 場面3
  • 場面4


CAST
John-Hoon
斎藤工
チェ・ソンミン
チョン・スギョン
キム・ドンウク


STAFF
監督:武正晴
プロデューサー:村田亮/谷口広樹/ホン・ミンギ



カフェ・ソウルDVD-BOX1

■スペシャル版■
2009.11.20発売
DISC2枚組
映画本編+特典映像 収録
オリジナルマウスパッド封入
6,000円+税

■通常版■
2009.11.20発売
DISC1枚組
映画本編収録
3,800円+税

2009年日韓合作映画
(C) 2009「カフェ・ソウル」製作委員会


アクロスYouTubeチャンネル
大韓謝祭















 

line
会社概要  お問い合わせ  サイトマップ

Copyright (C) 2013 ACROSS CO.,LTD. All rights reserved.